アルバイトは学生の義務

アルバイト、特にファストフード店などの接客業においては敬語が欠かせません。

アルバイトは学生の義務

アルバイトで気をつけたい「間違った敬語」

アルバイト、特にファストフード店などの接客業においては敬語が欠かせません。敬語がしっかりと使えるだけで先輩から「こいつは大丈夫だな」と思ってもらえますし、敬語が使えないとお客さんからのクレームの要因にもなります。中高時代に運動部に所属していた方などは当たり前に思うかもしれませんが、アルバイトで間違って使われがちな敬語を挙げていきたいと思います。

まず、アルバイトの先輩や職場での社員に使ってしまいがちな「ご苦労様です」という敬語です。ご苦労様は目下の人に対して用いる言葉で、先輩に対して使う言葉ではありません。先輩に使う正しい敬語は「お疲れ様です」こちらです。次に、意外と間違えて使っている人も多いかもしれない、先輩からの指示に対する返事で使う「了解しました」という敬語です。「了解」は目上の人が目下の人に対して使う言葉で、「しました」を付けても正しい言葉にはなりません。正しくは「承知しました」や「かしこまりました」です。また、お客さんに使う間違った敬語としては「〇〇円からお預かりします」(正しくは〇〇円お預かりします)や「こちらが〇〇になります」(正しくはこちらが〇○でございます)などがあります。ちょっとした敬語でも周りからの印象は大きく変わりますので、しっかりと使えるようになるといいでしょう。

Copyright (C)2017アルバイトは学生の義務.All rights reserved.